10月6日(日) 〈イベント〉えほんの森のワークショップ  たくさんのご来場ありがとうございました!

 

DSC01280 

 

■目的       あそぼう・まなぼう・創造しよう

 

■実施日       2013年10月6日(日)

 

■実施場所       福井県立図書館

 

■来場者       3000名

 

■ワークショップ実施者 500名

 

■考察

 

 

『あそぼう!まなぼう!そうぞうしよう!』をテーマに、各ワークショップには、こども達が自由なそうぞうや発想ができる仕掛けを取り入れました。例えば、会場入り口がえほんになっており、めくった最後のページがトンネルになっています。そこから、『えほんの森』に入っていく仕掛けです。これは、入場する前のこどものワクワク感を引き出し、トンネルを通る瞬間の『何があるのだろう?』『どんなことができるの?』という好奇心を引き出し、トンネルを抜けた時の『うわぁ~!!楽しそう!』『いっぱいあそびたい』というやる気を引き出しました。このやる気持ち、好奇心を引き出すことが学びの意欲、力を導くことに繋がります。今回も、こどもの好奇心を引き出すワークショップの数々が芝生にズラリとならび、こども達の『あそび!まなび!そうぞう!』がたくさん見られました。

 

 ☆表現の森 ワークショップブース × 15 各定員50人

☆えほんワールド

 風船の丘 ふしぎドーム 動物もしもしクイズ  つみきワークショップ

DSC_0250

 

えほんのページをめくって、『えほんの森』へ!

『ワクワク・ドキドキ』でトンネルをくぐりぬけました。

DSC_0236

星のドームにお花のドーム・風車のドームいろんなドームがくぐり抜け!いろんな『そうぞう』が膨らみます!

DSC_0257

つみきのワークショップ

高く積み上げる子、お家をつくりあげる子、ただ、ひたすらにつなげる子。想い想いの時間を集中してすごしました。

DSC_0271

森の中でのワークショップ。

どうぶつがクイズを出したり、ナビゲーターで会場を案内してくれたりと、普段の生活とは違った世界感の中で時間を過ごすことで、『そうぞう』が膨らみました。