ホーム

スタッフ募集

2020年6月10日

『なりたい自分になれる場所』 

ほうかごOBスタッフ レビュー

『失敗』を『成功のもと』にできたのは、それぞれの居場所があったから

ほうかごがっこうの活動でスタッフは、子ども達とのあそびを通して、楽しい時間を過ごします。しかし、その準備段階や反省会で は、自分の接し方やスタンス、本当は何をするべきなのか?したいのか?と悩んだりします。「失敗したな~」と思うことも非常に多いです。 でも、そんな時にお互いの個性を理解し認めてあったスタッフがいるから、「失敗したな…」ではなく「次はこうしてみない?」と次のス テップへ進むことができる。

カヤックキャンプのプロジェクトリーダーを初めてしたとき、失敗ししながらも、チームでいいキャンプを作ることがなぜできたのか? それは、ミーティングのひとつひとつで、みんなの案をもとに、ひとつのイベントを作るからこそ、生まれるそれぞれの居場所があるからだ。

「楽しいことをする」から、みんなで「楽しいことをつくる」

個性を出せる土壌があるから成長するし、安心できる。 自分の可能性に気付いて、チャレンジできる。

ほうかごの活動で出会った子どもたちは、誰に言われるわけでもな く自然に、友達とそういった関係性になっているのをよく見かけます。

私は、個性を認め合い失敗も成功も共有して、どんどんチャレンジ していき、どんどん成長していく。 そんな『ほうかご』という居場所があって幸せだな~と思うのです。

レビュー1 

 たいしょ/ 大阪府 クリエーター

『いいとこめがね』が自信をくれた!

ほうかごスタッフには、『いいとこメガネ』の持ち主が多数在籍。そのメガネは、子どもだけではなく、ちゃんとスタッフにも向けられています。つまり、何げない自分の行動も誰かが見ていて、褒めてくれます(笑)恥ずかしい気持ちにもなるのですが、やっぱりとても嬉しいです。

そんな褒め上手なスタッフ達と一緒にいると、”わたしには、こんなこともできるんだ!”という気づきがたくさんありました。自分に自信がもてるようになったなと思います。

レビュー2 

チェリー/ 愛知県 設計者(車)

『みんなちがって、みんなイイ』

ほうかごのスタッフを通して、自分の世界が広がりました。今までは「旅行ですら、海外に行くなんてあり得ない!」と思っていた自分が、年に一回のペースで海外旅行へ(笑)

また、色んな人との出会いがあってとても面白いです。自分では思いつかない発想、自分とは違った視点、自分が知らなかった世界、、、。ほかのスタッフと集まって話し合うたび、新たな出会いや発見をできるのが楽しい!

「みんな違って、みんないい」が感じられる場所です。

レビュー3 

ぱやし / 富山県 看護師

『私とあなた』でつくる、見たことない一瞬

『金は無いけど、面白い事がしたい!』なんて、フワッとした不純な動機で出会ったのが「子どもの遊び」と「森のほうかごがっこう」です。

はじめは子どもたちの前でも目立ってなんぼ、スケベ根性まるだしのスタッフでした。

『挑戦したいけどやっぱり怖い・・・』葛藤の表情が、一日かけて登った大木の上で「木ってすごい!」と、ふいにこぼれた彼の一言。

『汚れるのイヤ!』と拒んでいたのに、帰り際には泥だらけであることに誇りを持って自慢しているあの子。

いつの間にか「私とあなた」だから作り出せた些細な一瞬が何より楽しくて!!

そして、それを一緒に面白がれる仲間がこの場所にはたくさんいます。

キャンプや森あそび後の打ち上げは、話題ありすぎでホントにゲラゲラ笑います、マジ。ここに集まってくる人たちは「子ども好き」というより「人が好き」な人たちです。

授業もバイトも仕事も合コンも忙しい学生さんや社会人のあなた!!

1回行ってみて!『見た事ない一瞬』が絶対にありますよ!

レビュー4 

しげちゃん / 静岡県 コンサルタント