ホーム

4/4日 こどもと外あそび ~春~ たき火であそぼう

2020年3月17日

「失敗」を「成功のもと」にできたのは、それぞ れの居場所があったから

森のほうかご学校の活動でスタッフは、子どもたちとあそびを通し て、楽しい時間を過ごします。しかし、その準備段階や反省会で は、自分の接し方やスタンス、本当は何をするべきなのか?したい のか?と悩んだりします。「失敗したな~」と思うことも非常に多 いのです。 でも、そんな時にお互いの個性を理解し認めてあったスタッフがい て、「失敗したな…」ではなく「次はこうしてみない?」と次のス テップへ進むことができる。 カヤックキャンプのプロジェクトリーダーを初めてしたとき、同い 年のスタッフの失敗からも学んでチームでいいキャンプを作ること がなぜできたのか? それは、ミーティングのひとつひとつで、みんなの案をもとに、ひ とつのイベントを作るからこそ、生まれるそれぞれの居場所がある から。 「楽しいことをする」から、みんなで「楽しいことをつくる」 個性を出せる土壌があるから成長するし、安心できる。 自分の可能性に気付いて、チャレンジできる。 ほうかごの活動で出会った子どもたちは、誰に言われるわけでもな く自然に、友達とそういった関係性になっているのを見かけます。 「子どもってすごいな~」 私は、個性を認め合い成功も失敗も共有して、どんどんチャレンジ していき、どんどん成長していく。 そんなほうかご学校という居場所があって幸せだな~と思うので す。

キャンプネーム : 大将 / 大阪府 クリエーター